分析部門
分析部門
分析部門

分析の流れと主要な実験機器

分析行程:分析に利用する実験機器と用途
採取と調整
採取と調整
1
①試料の採取と調整
受入廃棄物や固化製品を採取し、分析用試料に調整します。
抽出
抽出
2
②抽出
分析用試料を振とう抽出し、分析用試料液を作成します。
電子天秤電子天秤
試料、試薬の秤量
純水生成装置純水生成装置
分析用純水の生成
振とう機振とう機
試料の振とう抽出
遠心分離機遠心分離機
抽出液の遠心分離
前処理
前処理
3
③前処理
蒸留による妨害元素の除去や、酸添加・加熱煮沸による前処理を行います。
蒸留装置蒸留装置
フッ素、シアンの蒸留
局所排気装置局所排気装置
試薬の取扱い、加熱前処理
測定
測定
4
④測定
測定元素・環境基準値に対応した分析機器を使用して測定します。
原子吸光光度計原子吸光光度計
ヒ素、セレン、鉛、カドミウム、銅、全クロムの測定
分光光度計分光光度計
フッ素、6価クロム、シアンの測定
pH・ECメータpH・ECメータ
pH、電気伝導度の測定

※その他、外部機関の分析機器を借用して、鉛、カドミウム、ホウ素、総水銀を測定。

研究員のご紹介

水石 友也
化学分析室

水石 友也

中務 信介
化学分析室

中務 信介

お問い合わせ先
Tel:0859-21-7222
FAX.0859-21-7223 鳥取県米子市蚊屋235-2

トップページへ